学費のために借金を決意

私は、奨学金とバイトで家賃と生活費と学費を払っていました。暇さえあればバイトという生活でしたが、実家を出ることができた喜びが強く、楽しい毎日でした。

始めのころはうまく両立できていたと思います。でも年次が上がるにつれ、大学でやらないといけないことが増えていきました。単位のためにバイトを減らすと、当たり前ですが収入は減りました。その結果、学費が払えなくなってしまいました。バイトのために単位を落として留年では元も子もないので、仕方のない事だったと思います。どうしようかと悩みました。奨学金を借りてまで入学したのに辞めるのはどうかと思いました。

お金を借りることにしたのですが、どこから借りればよいかわかりませんでした。色々調べて、学生ローンというのがあることを知りました。学生ローンで限度額の30万円まで借りても足りなかったので、大手カードローン会社からも借りることにしました。

学生ローンで30万円、カードローンで10万円。合わせて40万円の借金でした。


 

不安しかなかったけど

カードローンが無人契約機で契約できることすら知らなかった私は、審査ってなにをするんだろうと不安でした。そもそもちゃんと返せるのか、どうなってしまうのかという不安で少し体調を崩していました。それでも借りる会社を決め、いざ契約です。

タッチパネルを操作して名前や勤務先などを入力し、カードローンの契約ってこんな感じなのかと思っていたら、担当者さんとも話す必要もありました。すごく丁寧な対応で、それだけで少し不安が解消されました。わからないことも一つ一つしっかりと説明してくれました。

審査については、いくつかの質問に答えたら無事に通りました。在籍確認も、私の友人という体で電話してくれたのでバイト先にも迷惑はかからなかったと思います。

当時40万円は大金でしたが、月々の返済額は無理のある額ではありませんでした。借金は、具体的なイメージではないですが、漠然と怖いもので、したら最後というイメージでした。でもきちんと返済の見通しがあって借りる分には、十分利用する価値のあるサービスだと思いました。